ブログ

カーシェアリング各社比較とメリットデメリット

こんにちは

カーシェアリング歴3年のnaozoです。

一時車を持っていたこともあるのですが、事故って廃車になって以来、カーシェアリングを活用しています。

私が利用しているのは駐車場でおなじみのタイムズのカーシェアリングサービスです。

これがなかなか便利でして、日ごろの買い物やお出かけに重宝しています。

費用も所有するのに比べたら安く済みますし、乗りたい車に乗ることもできます。そこで今回はカーシェアの良さを語ってみたいと思います。

 

カーシェアリングとは

車を所有していなくても好きな時に、自由に乗ることができる大変嬉しいサービスです。

あらかじめ入会して登録しておけば、レンタカーのような手続きは不要で、アプリで予約すればカードキーをタッチするだけですぐに乗ることができます。

 

カーシェアリングのメリットとデメリットを簡単にまとめていきたいと思います。

メリット

メリット1:スマホやPCで簡単に予約ができる

PCやスマホアプリを使えば近くのステーションの空き状況がすぐわかります。

レンタカーのように煩わしい手続きが不要なので、ボタンひとつで車を予約できるから思い立った時に気軽にドライブできます。

 

メリット2:多彩なラインナップ

乗れる車が豊富です。MINIやアウディなどのカコイイ外車や、日産リーフなどの電気自動車にも乗れてしまいます。

購入する前に色んな車に乗れるのもカーシェアの良いところだと思います。

デートなどでかっこつけたい時にMINIやアウディなどの外車に乗ってみては?

 

デメリット

予約は早い者勝ち

タイミング次第で予約ができない時がありますが、近くの他のステーションから借りればいいだけなのでそこまで不便に感じたことはありません。

とはいえお気に入りのステーションと車があるなら予約は早めにしておきましょう。

 

返却時間が気になる

借りる時に時間を決めます。私は6時間パックを使うことが多いのですが、タイムオーバーしないようにタイムスケジュールは余裕を持って行います。もちろん延長も可能ですがその分延滞料もかかってしまいます。

渋滞等も計算して30分程度は余裕をみています。

 

主要なカーシェアリングサービス3社

カレコ・カーシェアリング

カレコ・カーシェアリングクラブ

 

オリックスカーシェア

 

タイムズ  カープラス

 

3社の料金簡単比較

カレコ オリックス タイムズ
月会費 無料 980円 1030円
6時間パック 2800円 (平日パック) 3500円 4020円
最小利用料金 130円(10分) 200円(15分) 206円(15分)

比べてみるとカレコが最も安いですね。

月会費はそれぞれサービス料として利用できるので、月に一回でも乗れば実質的に月会費は0円となります。

また、カレコの会員特典として三井不動産グループの施設、ららぽーとや三井アウトレットパークの駐車料金が2時間無料になるなどの特典があります。

 

近くのステーションを探す