ブログ

いくらにすればいいの?絵やイラストの値段のつけ方、相場について

絵を描いていると「ちょーだい」とか「欲しい」とか言われることがあると思います。自分の描いた絵が人に欲してもらえるって、嬉しいですよね。

しかし、実際に「譲ってほしい」と言われた時や個展で値段を設定しなければいけない時、一体いくらにすればいいのか悩んだことはありませんか?

「自分の絵なんて大したことないしお金をもらうほどのものじゃない」とかって人も結構いると思います。でもちょっと待ってください。絵ってそんなに価値のないものでしょうか?確かに好みが強烈に出るものであって、いらない人からしたらいくらだろうといらないし、逆にぴったりハマってしまうといくらでも出す!みたいなこともありえます。絵って面白いですよね。

そこで今回は、絵を描く人にとっての一つの悩みどころとなる『値段のつけ方』について、自分なりの考えをまとめてみたいと思います。色々な方法があると思いますので一つの目安として参考になれば幸いです。

絵のサイズと画材と値段

絵の値段は大きさと使用する画材で変化します。

駆け出しの画家で1号あたり10,000円くらいの値段をつけているそうです。

0号、1号、SM(サムホール)はほぼ同等サイズなので1万円。

3号は3万円。といった具合。

50号だとなんと50万円。高いか妥当かは人によるかと思いますが、材料費、技能費、労力等考慮してみても高すぎるということはないと思います。しかも物質的に生涯手元に残るわけですから。

描いた絵を売買できるアートメーターというサイトがありますが、こちらは独自の設定がされていて絵のサイズや画材等で値段が変わります。(絵画レベルが上がると自由に値段設定できる)

号というのは絵画用の企画サイズのことで以下のように決まっています。

号数
Fサイズ
(Figure)
人物型
Pサイズ
(Paysage)
風景型
Mサイズ
(Marine)
海景型
Sサイズ
(Square)
正方形
0号
180×140
1号
220×160
220×140
220×120
220×220
SM
227×158
2号
240×190
240×160
240×140
240×240
3号
273×220
273×190
273×160
273×273
4号
333×242
333×220
333×190
333×333
6号
410×318
410×273
410×242
410×410
8号
455×380
455×333
455×273
455×455
10号
530×455
530×410
530×333
530×530
12号
606×500
606×455
606×410
606×606
15号
652×530
652×500
652×455
652×652
20号
727×606
727×530
727×500
727×727
25号
803×652
803×606
803×530
803×803
30号
910×727
910×652
910×606
910×910
40号
1000×803
1000×727
1000×652
1000×1000
50号
1167×910
1167×803
1167×727
1167×1167

ちなみにゴッホのひまわりは58億円!

新宿にある東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館にあるゴッホのひまわりはなんと当時58億円で取引。サイズはおよそP40号程度なので、号あたり1億4500万!

現代画家の絵の相場

ゴッホ大先生は置いといて、今活躍されている画家の絵の相場はどのようになっているのでしょうか?

美術年鑑というアイテムを使って見てみます。

こちらに登録されている芸術家の作品の相場が載っています。

明確な価値基準がないため、公募で賞を獲っていたり、団体に所属することで価値が上がるみたいです。

ざっと見た感じでも号2万〜200万くらいですね。

絵の価値基準は人それぞれ

私の知っている尊敬する絵描きさんで、描いた絵はすごく良いのにタダ同然で譲っている人がいます。もらうにしても材料費だけとか。

その絵描きさんはとても貧乏で体も弱く生活保護をもらわなくてはいけないレベルなんです。それでは生きていけないのです。

SESSIIONというアーティストを支援できるサイトもありますので、アーティストの方は積極的に活用して欲しいと思います。

「お金のために描いた絵はつまらない。」という気持ちは理解できますが、お金というのはエネルギーの代価でもあると思うので、絵描きさんにはあまり安売りして欲しくないと思います。

結局、自分の絵の値段はどうすれば良いのか?

いくつかの値段の決め方をご紹介します。

規格サイズで値段を設定しておく

駆け出しであまり自信がない人は最低でも号5,000円あたりから始めるといいと思います。4号なら20,000円。これはあくまで目安です。あとは展示会場費などを考慮して価格を変動させます。例えば銀座で展示する際は通常よりも高めに、地元のカフェの展示なら少し抑えるとか、とにかく一定の基準を持っておいて柔軟に対応すると良いと思います。

 

材料費と掛け率で決める

画材の材料費から値段を決めます。例えば絵の具、キャンバス、額縁などで全部で5,000円ほどかかったとして掛け率を5掛けとします。以下の式に当てはめて

「 材料費 ÷ 掛け率 = 売値 」

5,000 ÷ 0.5 = 10,000

10,000円が売値になります。

サービス、サイトの相場で決める

例えばココナラなどのサービスを利用する場合、同じようなサービスを販売している人たちの値段を真似してみるのも手です。

アートメーターならサイズと使用画材など細かな設定を記入するだけで値段が出てくるので活用するのもいいかもしれません。

オリジナルの価格表を作ろう

縦+横(cm)サイズ 鉛筆デッサン
色鉛筆イラスト等
水彩・アクリル 油彩
400   0号,SM, 5,000 8,000 10,000
500    A4,3号 15,000 24,000 30,000
600   4号 20,000 32,000 40,000
700 B4 25,000 40,000 50,000
800 6号 30,000 48,000 60,000

例えば1号あたりの値段を鉛筆色鉛筆5,000、水彩アクリル8,000、油絵10,000としてサイズごとにまとめてみました。このようにオリジナルの価格表を作って基準にしておくと良いかもしれません。

あとがき

ピカソが30秒で描いた絵を100万ドルと伝えたエピソードは面白いです。たった30秒で描いた絵がそんなにするのかと聞かれ彼はこう言ったそうです。

「30年と30秒で描いたものだ。」と。

私たちはピカソではないので参考にはならないかもしれませんが、芸術の値段は簡単に付けられるものではないところが面白いです。

たとえ多くの人に評価されずとも自身の作品を愛して価値を信じ、作り続けてください。きっとあなたの作品が好きだと言ってくれる人がいるはずですから。