ライフスタイル

【カジュアル農業】市民農園『シェア畑』の無料体験に行ってみた

こんにちは。土、触ってますか?

植物を育てると心が安らぎますよね。

都会の喧騒を離れ、田舎でのんびり土に触れたい。でもそれがなかなかできない。
そんな時は、気軽に畑を借りられるシェア畑があります。

シェアっていいですよね。わたしは車もシェアです笑

シェア畑とは?

シェア畑の特徴

  1. 手ぶらで通える
  2. サポートが充実していて安心!
  3. 安全・美味しい!
  4. 施設・イベント盛りだくさん!

手ぶらでOK

種、苗、肥料、農具、資材、すべて用意されているので手ぶらで気軽に通えるのです。


手ぶらで行けるサポート付き貸し農園!シェア畑

サポート充実

経験豊富な菜園アドバイザーが週に4日以上勤務しているのでわからないことは何でも聞けます。安心ですね。

安全と安心

無農薬で育てますので丸かじりできるほど新鮮な野菜が食べられます。

イベント盛りだくさん

焼き芋、納涼会、芋煮会など季節ごとに楽しいイベントが催されていますので楽しい!

作れる野菜は15種類以上

春、夏ではミニトマト、きゅうり、なす、ピーマン、オクラ、枝豆、カブ、とうもろこし、秋、冬では白菜、キャベツ、ブロッコリー、大根、玉ねぎ、ルッコラ、さつまいも等、年間を通して15品目以上の野菜の収穫が楽しめます。

種や苗は用意してくれますし、講習会も豊富に行っているのでわからないことはすぐに聞けて確認できます。

 

近くのシェア畑を見学してみよう


私も近くの畑を見学してきました。

 

この日はちょうど採れたてのナスやピーマンを使ったカレーのイベントが行われており、カレーのいい匂いがしてました。残念ながら終わった後だったので残り香だけいただきました。笑
収穫していたお客さんにもお話を伺いました。

お客さんA(会社員)
お客さんA(会社員)
畑は24時間空いてるからね
仕事帰りに寄って缶ビール飲みながら野菜を見るのが最高なんだ
主婦さん
主婦さん
子供と野菜を育てているの
朝トマトを採ってそのまま食卓に出してるわ
おじさん
おじさん
自分の庭みたいに使ってるからね笑
土をいじってるときは皆さん本当にいい顔をされていますよ

シェア畑まずは見学無料

シェア畑の社会的意義

子供と野菜を育てるということは、近年見直されている食育という観点でも貴重な体験ができる場として重要な役割があるような気がします。

食育とは

食事や食物に関する知識と選択力を身につけ、健全な食生活が送れるようにするための教育。

【食育コラム】畑仕事で子供たちが変わる!?-野菜を育てることで育まれるもの、エディブル・スクールヤードの事例から-

料金

さて、気になる料金ですが、わたしが見学した畑では月当たり8500円〜という値段でした。

月払いは不可で一括払い、もしくは分割払い(要相談)らしく、そこだけ気になりました。
しかし、畑は年間を通して作られるため、1年しっかりやるぞ!という意気込みを持つという点ではその方が良いのかもしれません。払ってしまえばやるしかないですからね。

とはいえ栽培代行サービスなども充実しており、スタッフさんも優しく教えてくださるので気負うことなく、本当に野菜を育てる楽しさを味わうことができそうでした。

まとめ

近くにシェアできる畑があるなんて知らなかったです。

道具も種も肥料もノウハウも全て揃っているので、忙しい方だからこそ土と野菜に触れる時間を取ってみてはいかがでしょうか?

見学はこちらから、無料でいつでも予約できます。

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園!シェア畑
それでは、また。