画材

色鉛筆画にオススメ!電動消しゴムが超便利な件

まだ通常の消しゴムで消耗してるの?

色鉛筆でイラストや塗り絵をされるときに消しゴムは何を使われていますか?
僕は通常の消しゴムで頑張って擦ってました。消えるっちゃ消えますが、消しにくいですよね。

最近、色鉛筆用の消しゴムを使ってみましたがそれがなかなか良くて、さらには電動消しゴムまで試してみたので記事にしてみます。ぜひご参考ください。

消し比べてみた

今回試したのは以下の5種類。

MONO消しゴム

消しゴムのド定番、MONO。一般的な消しゴム代表としてエントリーです。

使った感じとしてはやはり優秀。カスは多めに出ますがまとまってくれるのであまりストレスを感じない。擦る回数は多めで消耗が大きく本体消費もそこそこ。

 

砂消しゴム


ザラザラしたヤツ。力加減でうまく消せるか試します。

立てて力強く擦れば紙の白さを取り戻せるほど消せますが、紙のダメージも大きい。ケント紙などの表面強度がある程度強い紙であれば持ちこたえてくれます。細かいカスが出ますので羽箒などではらうと良いです。

色鉛筆用消しゴム①


蛍光カラーが特徴的。消しゴムメーカーSEEDからエントリー。

色鉛筆用だけあって消しやすいです。本体のコシが強く、擦った時にしっかりとした抵抗感があります。コシがあるので角が使いやすく細かい部分も消しやすいです。

色鉛筆用消しゴム②


新登場。同じくSEEDからのエントリー。おしゃれなパッケージの色鉛筆用消しゴム。固めるワックス分に色鉛筆と同じものを使用しているので馴染みが良いんだとか。確かに消しやすいですね。コシがあるので力強く擦っても負けずに力を紙に伝えてくれます。

電動消しゴム


エレクトリックな大本命。僕はサクラクレパス社製の電池タイプを購入しました。

ボタンを押すとモーターが回転します。擦ると言うより描くように消すことができます。めっちゃ快適ですよこれ。力を入れずともしっかり消えますし、緻密な部分を丁寧に修正できます。
細かなカスが出るのと、ついつい消すのが楽しくなってしまい電池と消しゴムの先を消費しやすいかもしれません。笑

私的ランキング

試した結果、消しやすさという点で以下のようになりました。

電動消しゴム>色鉛筆用①、②>通常タイプ>砂消し

まとめ

電動の使いやすさがダントツに良いと思います。メーカーによっては値段も千円くらいから買えます。電池交換が面倒な方は充電タイプもあります。

広い面を消す時は色鉛筆用を使って、細かい部分やしっかり消したい時は電動を使うなどして使い分けると良いかもしれません。動物を描くときに目のハイライトや毛の表現などにも使えそうです。

もちろん色鉛筆だけでなく鉛筆デッサンや製図、普段使いにもオススメですよ。ぜひお試しください。