ブログ

製図やイラスト・スケッチにおすすめの芯ホルダー8選

芯ホルダー、それは鉛筆の書き心地とシャープペンシルの手軽さを掛け合わせた素晴らしい筆記具。使ってみると手放せなくなります。

子供の頃使った鉛筆、学生時に使ったシャープペンシル、社会人でボールペンや万年筆を使ってきましたが、一周してまたあの鉛筆の書き心地に戻りたくなる。とはいえ使い勝手も求めたい、芯ホルダーはそんな方におすすめです。

私はラフスケッチやアイディアの構想等を走り書きする時に使っています。たまたま見かけた建築家の方がラフ製図やスケッチに使っているのを見たことがあります。

普段使い向けのコスパの良いものから書斎にも似合う大人向けの高級品までご紹介します。お気に入りが見つかりましたら嬉しいです。

芯ホルダーの魅力

冒頭でも少しご紹介しましたが、何と言っても書き心地の良さと利便性に尽きます。鉛筆のようにザクザクと書けて、尚且つシャーペンのように手軽。私の場合はスケッチにシャーペンは少し物足りないので芯ホルダーは手放せません。ちなみに芯の濃さは4Bの感触が一番好きです。

芯ホルダーの選び方

値段、種類、芯の太さ、ホルダーの重さ、手の馴染み具合、デザイン、メーカーなど決め手は色々あります。

芯は径に合えばメーカー問わず使うことができます。

太さ

メーカーや商品によって2mm、2.5mm、3mm、3.15mm、5.8mmなどの太さの違いがあります。2mm芯が多いです。

ノックタイプ

シャープペンシルのように1ノックで決まった長さが出てきます。文字を書く人に向いています。

ドロップタイプ

自分で芯の出具合を調整できるタイプ。スケッチやデッサン、イラストなど絵を描く人に向いています。

おすすめ芯ホルダー

それでは実際に商品を見ていきましょう。どれも持っている、使ったことがあるものなのでおすすめできます。価格順に並べてあります。

三菱鉛筆 ユニホルダー

エンジ色の鉛筆でおなじみ三菱鉛筆さんからコスパ重視の芯ホルダーです。濃さ毎にノック部分の色が変えてあるので見分けがつきやすくなっています。値段も安いのでデッサンの時などに何本か持って置くのも良いかもしれません。

2mm ノックタイプ

北星鉛筆 大人の鉛筆

見た目が鉛筆風のオシャレな芯ホルダーです。何と言ってもシンプル。

北星鉛筆
¥458
(2020/02/17 08:15:20時点 Amazon調べ-詳細)

2mm ノックタイプ

丸善美術商事 サムホルダースリム

手に持った瞬間ズッシリ重量感のある芯ホルダーです。5.8mmの太いタイプもありますが私はスリムのグリーン。キャップを開けると芯削りになるのも嬉しいポイント。

3mm ノックタイプ

ステッドラー マルステクニコ

青い鉛筆、製図用品でもお馴染み、ドイツのステッドラーから安定の芯ホルダーです。軸がプラスチックなので若干のチープさを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、全体のフォルムとしては抜群のかっこよさがあります。キャップが簡易芯削りなのも嬉しい。

ステッドラー
¥1,016
(2020/02/16 17:13:56時点 Amazon調べ-詳細)

2mm ドロップタイプ

コヒノール

現時点で私の最もお気に入りの芯ホルダーです。あまり聞き馴染みのないメーカーですがコヒノールはチェコの文具メーカー。軸がバルサ材のような木軸で使い込むうちに味わいが出てきそうなところが好きです。ニスなど塗っても良いかもしれません。ただ、金属部と木軸の接合部の作りに若干難があり精密さに欠けるのが少し残念な点です。それ以外の太さ、フォルム、デザイン、バランス等はシンプルに好きなだけに惜しい。手直ししてでもという方は是非。

2mm ドロップタイプ

ファーバーカステル

緑軸の鉛筆でお馴染み、ドイツのファーバーカステル。シンプルで洗練されたデザイン。六角軸で鉛筆に近い握り心地。

ファーバーカステル
¥1,800
(2020/02/16 17:13:58時点 Amazon調べ-詳細)

2mm ドロップタイプ

ロットリング

製図用品のイメージが強いロットリング。黒くて赤い差し色が映える重厚感あるメカニカルなデザインはやっぱりかっこいい。性能も安定感抜群です。

2mm ノックタイプ

Hacoa LEAD PENCIL 2mm

高級感ある大人の芯ホルダー。書斎に1本。ギフトにも。

2mm ノックタイプ

あとがき

意外と品数が豊富な芯ホルダーの世界。最初からしっくり来るものもあれば、使っていくうちに馴染んでくるものもあります。書く、描く、同じ「かく」でもそれぞれに適した芯ホルダーがあるはず。ほんの少しの差ではあるのですが、その微妙な感触にフィットするものと出会えると嬉しいものです。ある程度、自分で使ってみなくてはわからないところはあるかと思いますが、参考に一つにでもなりましたら幸いです。