ブログ

トラベラーズノートをビジネス活用!おすすめリフィルとカスタマイズ

トラベラーズノートを使い始めて3ヶ月が過ぎましたのでレビューしてみます。

手帳は買ってもなかなか使いこなせていなかった私ですが、トラベラーズノートは今のところ続いています。

個人的にハマった理由というのはシンプルゆえのカスタマイズ性かと思います。

手帳って書くスペースが足りなかったり、自分は使わないページがあったりしてピッタリ合うものがなかなか見つからなくて、使ってみてもいまいちしっくりとこないってことが多いのですが、(探し方が下手?)トラベラーズノートの場合は豊富なリフィルの中から自分好みのものを選ぶことができるので自分に合った使い方ができるのが特徴です。

何より思わず触っていたくなる皮の表紙は使い込むごとに風合いが変わっていくのもポイント。持ち歩いていると愛好家から「育ってきてるね〜」と言われ、思いがけず仲良くなれることがあります。文房具好きな人は何使ってるかっていうのを結構見てるんですよね。

育てる一面を持った文房具は使うのも楽しいもの。育成系文具としては真鍮系の文具も魅力的ではありますがそれはまた今度ご紹介したいと思います。

それでは、トラベラーズノートについて自分なりの使い方と魅力を語っていきたいと思います。

いくつかリフィルも紹介してみたいと思いますので参考の一つとしてご活用いただければ幸いです。

トラベラーズノートとは

 

トラベラーズノートは、2006年3月に産声をあげました。
使い込むほどに味と風合いが高まる牛革素材のカバーと、書きやすさにこだわったオリジナルの筆記用紙を使ったシンプルなノートリフィル。その2つが組み合わさることにより、手にとって旅に出たくなるようなノートを目指しました。
シンプルな構造のため、自由にカスタマイズできるのが大きな特徴です。様々な紙を使ったノートやジッパーケース、ポケットなど豊富に揃えている専用リフィルから、自分にあわせた組み合わせを選んでセットすることができます。さらに、しおりやゴムにお気に入りのチャームを付けたり、シンプルなノートリフィルの表紙にステッカーを貼ったりして、自分らしくカスタマイズをすることができます。
使うほどに深くなる革の風合いや傷とともに、使う人によってその味付けがされ、この世でたった一冊のノートへと変化していきます。
旅にはもちろん、日々の生活でいつも持ち歩くことで、旅するように毎日を過ごしてほしいノートです。

トラベラーズノート

トラベラーズノートは日常を旅のように過ごすことをコンセプトに作られた手帳なんですね。確かに毎日の仕事を旅のイベントとして捉えることができたなら、どんなに素敵でしょう。

トラベラーズノートは専用のリフィルを入れ替えて使うことができます。そのリフィルが種類豊富で自分好みのオリジナル性の高い手帳にすることができるというのも特徴の一つ。そのリフィルは専用のゴム紐で止めるのですが慣れてしまえばほとんど気になりません。

私も気がついたらほとんどのリフィルを買って使ってみてました。中でもおすすめなものを下で紹介してみます。

サイズは2種類(レギュラーとパスポート)

トラベラーズノートはレギュラーサイズとパスポートサイズの2種類あります。私の場合ですと当初はレギュラーのみで使用していましたが、今ではレギュラーはお絵かき用、パスポートサイズはビジネス用と、2つの用途に分けて使っています。

左はブラウンに見えますが同じキャメルです。少し風合いが出てきてます。育ってきてます。

レギュラーサイズ

レギュラーサイズはタテ210mm、ヨコ110mmのA5スリム。A4を三つ折りにすればすっぽり収まるサイズです。

デザインフィル
¥4,320
(2019/10/16 06:41:05時点 Amazon調べ-詳細)

パスポートサイズ

パスポートサイズはタテ124mm、ヨコ89mm。ポケットにもなんとか収まるコンパクトなサイズです。

デザインフィル(Designphil)
¥3,456
(2019/10/16 06:41:06時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのリフィル

月間フリー&週間フリー

まずはスケジュール。月間と週間、いずれも自分で記入するフリータイプがあります。自分で記入するのが面倒な方はカレンダー付きのタイプもあります。新年度版は9〜10月頃には発売されているようです。

軽量紙(無罫)

メモにおすすめなのが軽量紙のリフィル。少し薄手の紙なので若干透けますが、レギュラーサイズは128ページたっぷり書けます。

ジッパーケース

クリアなジッパー付きのリフィルです。ちょっとした小銭や文房具、チケットなど失くしたくないものを入れておくことができます。

クラフトファイル

しっかりしたクラフト紙でできたポケット状のリフィルです。ちょっとしたメモやチラシ、チケットなどを挟んでおくことができます。私はジッパーファイルを傷めないための中表紙も兼ねて使ってます。

(カルディのポイントカードが溜まってます笑)

カードファイル

名刺やポイントカードなどをまとめたい人向けのリフィルです。レギュラーサイズの名刺ファイルは12ポケット、下のカードファイルは60ポケットあります。

おまけ:お絵かき向けリフィル3種

絵やイラストを描く人には嬉しいリフィルもありますので紹介します。

画用紙リフィル

上質紙より厚くしっかりしています。鉛筆スケッチやペンでのイラストなどに適した紙です。

水彩紙リフィル

なんと地味に嬉しいのが水彩紙リフィル。そこそこ厚手なのでシワになりづらく水彩スケッチなどに適しています。キリトリ線もあるので良いのができたら切って額に入れたりしても良いですね。アナログ絵描きさん向けのリフィルです。

クラフトリフィル

クラフトペーパーのリフィル。ちょっとしたクロッキーやスクラップブックなどに使えます。クラフト紙ってクロッキー紙として使いやすいんですよね。色が中間色なので明部は白で描き込めるし、オススメです。

デザインフィル
¥432
(2019/10/15 09:05:16時点 Amazon調べ-詳細)

自分好みにカスタマイズ!

私はレギュラーサイズはお絵かきやスケッチ用、パスポートサイズはビジネス用として活用しています。色はやっぱりどうしても好きなので両方ともキャメルです。色は黒、茶、キャメル、ブルーの4つの基本色に加え限定色やコラボものがいくつかあります。

お絵かき用 レギュラーサイズ

  • クラフトファイル
  • ジッパーファイル
  • 水彩紙リフィル
  • クラフトリフィル
  • グリッドリフィル

最近、建築設計にも手を出し始めましてグリッドリフィルに間取り図などをラクガキしています。水彩スケッチ、クロッキーと、とっ散らかってますが楽しく使ってます。

ジッパーファイルにはちょっとしたマーカーや消しゴムなどの筆記用具を収納してみました。クラフトリフィルには美術展のチケットや展示会のDMなどを挟んでいます。

ビジネス用 パスポートサイズ

  • クラフトファイル
  • ジッパーファイル
  • カードリフィル
  • 月間フリー
  • 軽量紙
  • ペンホルダー

スケジュール用の月間フリー週間フリーとメモ用の軽量紙、ジッパーリフィルとシンプルな構成です。あと忘れちゃいけないのがペンホルダーですね。一つあると便利です。

デザインフィル
¥972
(2019/10/16 06:41:09時点 Amazon調べ-詳細)

あとがき

トラベラーズノート楽しいですね〜。愛好家も多く、それぞれどんな育ち方をしてるのかを拝見するだけでも楽しいです。

リフィルは罫線、日記など他にもたくさんあり全部は紹介しきれてませんが、ご自身に合ったリフィルを見つけてオンリーワンのノートに育ててみてください。中にはリフィルを自作するツワモノもいらっしゃるみたいです。今後も育ってきたら追記していきたいと思います。

ということで、トラベラーズノート、楽しく育てていきましょう。

デザインフィル
¥8,500
(2019/10/15 07:30:21時点 Amazon調べ-詳細)