画材

カランダッシュのテクナロ水溶性鉛筆RGBを使ってみた

カランダッシュのテクナロ水溶性鉛筆RGBを使ってみました。

水溶性鉛筆は描いた上から水を含ませた筆でなぞると芯が溶け出して水彩画風になる鉛筆です。

中でもこのテクナロ水溶性鉛筆RGBは赤、緑、青の色味が出るのでとても綺麗なんです。

カランダッシュとは

 

カランダッシュはスイスを代表する総合文具メーカーです。

このメーカーは、色鉛筆、クレヨン、パステルなどの画材や万年筆などの筆記具に最高の品質を求め続けていて、世界各国にカランダッシュファンがいるようです。

ちなみにカランダッシュはロシア語で”鉛筆”という意味だそうです。

水溶性鉛筆とは

水溶性鉛筆は水で溶けるので上から水でなぞると水彩画風になる鉛筆です。

水をつけなければ普通の鉛筆としても使えます。

テクナロ水溶性鉛筆RGBの色味

ここからは早速テクナロ水溶性鉛筆RGBの色味を見ていきましょう。

まずはRedのR、赤から見てみます。

水をつける前

水をつけた後

お次はGreenのG、緑です。

水をつける前。

水をつけた後。

最後にBlueのB、青の色味を見ます。

水をつける前。

水をつけた後。

並べて見るとこんな感じ。

水を付ける前は色味を感じませんが、水をつけると色味が出てきます。

水をつける前は消しゴムで消えますが、水をつけた後からは消しゴムでは消えにくいです。

描いてみた

恒例の描いてみたコーナーです。

テクナロ水溶性鉛筆RGBを用いて描いた私の拙い作品をご覧あれ。

ちょうど同じような色の猫の置物があったので描いてみました。

先に画面を濡らしてから描くと色が濃く出ます。

あとがき

テクナロ水溶性鉛筆RGB使ってみました。

この鉛筆のサンプルを見た時、綺麗な色味に思わずウズウズしました。

お値段は他の鉛筆に比べてちょっと高いですが、クオリティは高いと思われます。

ぜひ一度お試しください。

それでは。