描いてみた

油絵の描き方の一つ、カマイユ技法とグレージングで猫を描いてみた!

おはようございます。

ご覧いただき、ありがとうございます。

今回は油絵の具を使って絵を描いてみたので、その過程をまとめてみました。

油絵と聞くとゴッホのような厚塗りをイメージされる人も多いかもしれませんが、

古典的な技法である“カマイユ技法”“グレージング”を使ってみました。

それはどんな技法で、どうやって描くのか?

自分なりに調べて、実際に描いてみて、まとめてみましたので参考の一つにしてみてください。

それではいってみましょう。

カマイユ技法とは?

カマイユとは単色画を意味します。

たくさんの色を使わず、単色で明暗を描く方法です。

この描き方は明暗法、陰影法と呼ばれ、イタリア語ではキアロスクーロと言います。

同じ単色画でも色の違いで名前が変わってきます。

  • グリザイユ=灰色
  • シラージュ=黄褐色
  • ベルダイユ=鈍緑色

グレーのモノトーンで描く“グリザイユ技法”なんかはよく耳にすることが多いですね。

紛らわしいので図にしてみました。

カマイユという括りの中で色ごとに名前がついてます。

グレーズ、グレージングとは?

陶器の釉薬をグレーズ(glaze)と呼びますが、油絵では透明な絵の具を薄くかけて深みのある色を画面上に作っていく技法を指します。

グレーズやグレージングと呼ばれるこの技法は油絵の醍醐味とも言えるほど重要な技法です。

他の絵具では表現できないほどの透明感と深みを表現できます。

油絵の具とはどんな絵具なのか?その特徴と性質を調べてまとめてみた絵の具の王様、油絵の具について調べてまとめました。 油絵は幅広い表現ができますが使い方が難しくもあります。 油絵の具という画...

 

使用した道具

  • 油絵の具
  • ペインティングナイフ
  • テレピン
  • ペインティングオイル
  • ボロ布(着古したシャツなど)
  • F4張りキャンバス

使用した色

  • シルバーホワイト 半透明
  • イエローオーカー 不透明
  • バーントアンバー 半透明
  • ローシェンナ   半透明
  • イタリアンピンク 透明
  • コバルトブルー  半透明
  • カドミウムレッド 不透明

絵の具には透明、半透明、不透明とあります。

筆:ホルベインリセーブル1100シリーズ

豚毛よりも柔らかめのリセーブルなのでグレーズがしやすく大変使いやすいです。

フィルバートとラウンドの8号、10号あたりを使っています。

 

描き方

①カマイユ

バーントアンバーをテレピンで溶き、おつゆ描きしたらシルバーホワイトで明るい部分を描いていきます。

シルバーホワイトが乾く前に上から金ブラシで擦ります。

グレーズした時に溝の部分に絵の具が入り込み、毛の質感が表現できます。

明度は高めにしてあります。

②グレーズ

カマイユが乾いたら固有色をグレージングしていきます。

茶トラなのでローシェンナ、イエローオーカー、イタリアンピンクなどの黄色〜茶系で薄く色を乗せていきます。

イタリアンピンクはピンクと書いてあるのに綺麗な透明の黄色です。

この時に使用するオイルはペインティングオイルを多めにしていきます。

さらに加筆

固有色をグレーズしただけでは単純すぎるので暗部にコバルトブルーを薄くグレーズして画面を引き締めます。

YouTube

短い動画にまとめてみましたのでご覧ください。

あとがき

今回描いたこの猫の名前は『龍之介』と言います。

私が高校生の頃やってきました。

みんな「りゅう」、「りゅうちゃん」と呼び、家族の笑顔がとても増えました。

本当にたくさんの幸せを運んでくれました。

りゅうはもう亡くなりましたが、絵にして飾っているといつでもそこにいてくれる気がするのです。

皆さんもぜひ、ご自身で描いてみてください。

うまいとか下手とかを越えて、あなたの愛着が思い入れのある絵にしてくれるはずです。

私自身、感動無くして絵は描けないので。

りゅうちゃん、ありがとう。

それでは、また。

参考にした書籍