油彩

くっさ!部屋で油絵を描くときの臭い対策にはオドレスシリーズを

油絵を描いていく上で気になってくるのがやはり独特の臭いですよね。

私はわりと好きなのですが・・・笑

広いアトリエがあれば良いのですが、なかなかそういうわけにもいきませんよね。

6畳一間をアトリエとして使っていますが、やはり臭いますし、お部屋や家具に臭いがついてしまう恐れもあります。

 

油絵の臭いの原因は何か?

絵の具自体はそこまで臭うものではありませんが、

油絵の主な臭いの原因としてあげられるのはテレピンやペトロールなどの揮発性油です。

これら揮発性油はその特性ゆえに空気中に発散してしまいます。

これがあの独特の臭いが部屋に充満する原因になるんですね。

換気をするのはもちろんですが他に方法はないか調べてみました。

 

臭いの対策方法その①無臭タイプのオドレス画用液を使う

ホルベイン(国産の画材メーカー)では臭わない画用液、オドレスシリーズがあります。

オドレスは「無臭の〜」という意味で、匂いが気になる人向けに開発されたものです。オドレスペトロールは石油系溶剤であるペトロールの石油臭を取り除いたものです。

他にもオドレスペトロールで調合されたオドレスペンチングオイル、オドレスルソルバン、ワニスのオドレスパンドルなどがあります。

ホルベイン画材
¥440
(2019/10/16 06:19:07時点 Amazon調べ-詳細)

ホルベイン画材
¥408
(2019/10/16 06:19:07時点 Amazon調べ-詳細)

その②水性油絵の具を使う

これまたホルベインから出ているアクアオイルカラー【デュオ】を使うのも選択肢の一つです。この商品は油絵の具なのに水を使って描くことができます。

なぜそんなことができるのかというと、絵の具に界面活性剤が配合されており、油にも水にもなじむようエマルションという状態を作っているからです。

このエマルションは身近だとマヨネーズの原理と同じものだそう。

この絵の具なら小さなお子様がいらっしゃるアーティストさんでも安心して使うことができますね。

まとめ

匂いが気になる方に向けてメーカー各社企業努力されていて、とてもありがたいです。

油絵の具が酸化重合するときに発すると言われる匂い自体を消すことは難しいのかもしれませんが、今回ご紹介した画用液などを使うことで匂いを軽減することができそうです。

  • 換気する
  • オドレスペンチングオイルなど無臭タイプの油を使う
  • 水性油絵の具を使う

最後にアロマを配合したオイルを紹介して終わります。

こちらのオイルは匂い自体はありますが、従来の油絵の匂いというよりも爽やかなアロマな香りに仕上がっています。

お試しあれ。