油彩

カッチカチやぞ!油絵の具がパレットに固まってしまった時の対処法

ぎゃあああああ!パレットが絵の具でガチガチになってしまった!

夏場は特に絵の具の乾燥が早く、油断するとすぐこうなる・・・。

さてこんな時どうするか?

こんな時は、これを使います!

『ストリッパー』

クサカベ 55ml ストリッパー B31-0584
学校教材の専門店 美工社

ストリッパーと言っても服を脱ぐ人のことではなくて剥離剤のことです。

これを塗布して数十分おくと・・・

このように、ナイフでこそぐとぺりぺり〜っと剥がれます!気持ち良い!

しかし、このストリッパーは強力な酸で、皮膚に当たるとヒリヒリ痛いのでご注意を・・・。

ご覧のように綺麗になりました。パレットが綺麗だと気持ちが良いですね。良い絵が描けそうな気がします。気がするというのはとても大事です。

気分的なことだけではなく、絵の具を混ぜやすくするためにもパレットはいつも綺麗にしておきたいものです。

このパレット欲しい・・・画家っぽい感じが出そう笑

ちなみに私が使っているペインティングナイフはこちら。

フルステンレスでとても丈夫で気に入っています。安いの使っていると金属劣化してすぐ折れてしまうんです。3本くらい折ってるのでこちらにしました。

クレサンジャパン(Claessens Japan)
¥2,992
(2019/10/15 17:47:40時点 Amazon調べ-詳細)

手入れが面倒くさい!!という方は紙パレットを使うか、ピールオフパレットもオススメです。紙パレットは使い捨てです。ペリッと剥がしてポイ。ピールオフパレットはペロっと絵の具がはがれます。ストリッパーいらずの優れもの。アクリル絵の具、油絵の具ともに対応してます。

オリオン
¥605
(2019/10/15 17:47:41時点 Amazon調べ-詳細)

あとは牛乳パックを使い捨てパレットとして使ったり、大理石テーブルを使う方もいるみたいです。ぜひご自分のスタイルに合ったお気に入りのパレットを探してみてください。私はフランゼン型のかっこいいやつを狙ってます・・・!