画材

ヌードクロッキー会に参加してきました!【in東京】

行ってまいりましたよ!クロッキー会!フレンズとともに!

アトリエ恵比寿

東京クロッキー会

 

美術館2件、画材屋1件、クロッキー2件とアート三昧で幸せな日でしたが、

歩き疲れました・・・。

運動不足が露呈する・・・!

フレンズには「あなた本当に元高校球児?」と言われてしまった。

クロッキーも手が動かず・・・やはり日々の積み重ねが大事ですね!

描いたものは記事の最後にちょろっと載せてます。

クロッキーとは?

クロッキー 【フランス croquis】
対象を短時間でおおまかに写しとること。また,その絵。特にコンテなどを用いてモデルを手早く描くものをいう。略画。速写。【三省堂 大辞林より引用】

naozo流クロッキーのコツなるもの

参加してみて、あ、こうした方がいいな!と感じた事いくつか

  1. 勢い大事!
  2. ある程度人体構造を理解しておく!
  3. ポジションにこだわらない!

 

勢いが大事!

勢いというのは、描画するときの線の勢いの事。

「描いてやるぜぇええ!!」って勢いが大事です。その気持ちが線に乗り移ります。

綺麗に、うまく描こうと小さく縮こまるよりも、ノビノビ描いた方が気持ちいい!

時間も5分〜20分と短い事が多いので、正しさよりも線の伸びやかさが大事だと思った!

ある程度人体構造を理解しておく!

頭があって、首があって肩につながっていく・・・

腕の長さ、関節の位置、比率など、ある程度の予備知識を備えておくと良い!

短い時間に描写するので立ち止まって考えてる時間はない!

視覚と知識を瞬間的に照らし合わせていくと、線に自信が出てくる!

ポジションにこだわらない!

ポジションはクジ引きだったり、早い者勝ちだったりする。

好きな位置に行けるかは運要素が強いし、ポーズは色んな向きでとってくれるので平等だ。

前後左右、みんなが気持ち良く描けると最高!

 

東京クロッキー会さまのクロッキーのコツも必読です!

使った道具

おまけ

モデルさんが侍だったのは驚いたけど、凛々しくてカッコよかった!また描きたい。描いた総数は30枚!こちらから