画材

iPhoneやスマホに油性ペンで書かれたサインを保護する方法とは

有名人にサインをもらうことはありますか?

有名人と偶然会ってたまたま色紙を持ってることはほとんどないですよね。

メモ帳やTシャツに書いてもらったり、

時にはスマホなどに書いてもらうことがあるらしいですね。

しかしスマホにサインをもらってそのまま使用していたら確実にサインが消えてしまいます。

かといってスマホを使わないというわけにもいかない。

ならばせめて傷みを遅らせるくらいならできるのでは?

そんな疑問からお調べして私的に一つの結論に至りました。

それは、「パステルフィキサチーフ」を使うこと。

ホルベイン画材(Holbein Art Materials)
¥935
(2021/03/05 12:52:44時点 Amazon調べ-詳細)

フィキサチーフとは


フィキサチーフとは絵画用の定着剤のことです。スプレー式が一般的です。

アルコール系、アクリル系、油性系の3つの溶剤があります。アルコールは浸透させて定着させるタイプで、鉛筆や木炭デッサンなどの粉を紙に定着させる時のもので、アクリル系と油性系は表面に膜を張るタイプになります。
今回の場合はスマホにアルコールは浸透しませんし、何より染料系のサインペンはアルコールやシンナーなどの溶剤に溶けてしまいますので、表面をコーティングしてくれるアクリル系のタイプを使用します

フィキサチーフの使い方

使い方はとても簡単。30cmほど離して満遍なく噴きかけるだけです。

薄く2〜3回かければ十分コーティングしてくれます。

スマホの場合、カメラ部分やジャック部分にマスキングテープなどして養生しておいてほうが無難ですね。

テスト検証

本番に行く前にテストしてみます。

アクリル板にマッキーでキュキュキュッと。

半分だけにパステルフィキサチーフをかけていきます。

左側が何もしてない方で、右がフィキサチーフをかけた方。

アルコールを染み込ませたティッシュで拭き取ってみました。左側の何もしてない方は軽く一拭きしただけで簡単に落ちてしまいました。対して右側は見事にコーティングされていると言えます。これをかけてスマホカバーをつければさらに安心ですね。

使用の際は屋内の場合は十分に換気をしてください。匂いますのでできれば屋外でかけてください。

あとがき

スマホにサインをもらったら、パステルフィキサチーフをかける選択はいかがでしょう。ムキ出しよりマシかと思います。

フィキサチーフのサイズはスマホのサインを保護する目的なら100mlで十分です。

絵を描く人は大きめのものを使う人が多いですね。

それでは、お役に立てれば幸いです。

追記 プラボトルにかけてみました

プラのボトルケースにマッキーで書かれたサインでも大丈夫?とのお問い合わせをいただいたので試してみました。

  • 100均のプラボトル
  • マッキー
  • パステルフィキサチーフ

ちょっと噴射が近すぎて液ダレしてしまいました・・・

無事、コーティングできました。ツルツルと言うよりは少し梨地のような感じ。

当然のごとく引っ掻けば傷付きますのでご注意を。

やはり2〜3回だとコーティングが薄い感じがするので5〜6回以上薄く吹き付けたほうが良さそうです。

それではこの辺で。